トピックス

第19回滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~
開催中

更新日:2022年12月15日

前期:2022年11月26日(土)~ 12月25日(日)
後期:2023年1月7日(土)~ 2月5日(日)

ボーダレス・アートミュージアムNO-MAが開館した当初から続く「滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~」は、今回で19回目を迎えます。
滋賀県内の福祉施設・特別支援学校の職員とNO-MAが実行委員会を組んで展覧会を企画し、33名による作品を展示します
作者の表現に迫ろうと考えを巡らし、思いを馳せ、また、議論を交わすことで構成された展示空間には、作者が制作に向き合う、あるいは支援員と関わりあう時間が凝縮されています。
作者や支援員・教員の今を綴った、現在進行形の表現をご覧ください。

 

第19回ing展ちらし

ちらしのダウンロードはこちらから

出店施設

 [前期]あうとりーち和泉/あそしあ/アトリエヲト/伊香立の杜 木輝/えがお/近江学園/信楽青年寮/信楽学園/障害者支援事業所いきいき/慈円/ステップあップ21/第二出合いの家/能登川作業所
[後期]愛育苑/きらり/湖南ダンスワークショップ実行委員会/さくらはうす/滋賀自閉症研究会たんぽぽ/社会就労センターあおぞら/じょいなす/第2ももスマイル/にっこり作業所/バンバン/ひのたに園/ふくらの森/八日市養護学校
[協力施設] しあわせ作業所、彦根学園、瑞穂
[アドバイザー] 野原健司(美術家)

 

 

主催

 第19回滋賀県施設・学校合同企画展実行委員会、ボーダレス・アートミュージアムNO-MA[社会福祉法人グロー(GLOW)] 後援 滋賀県、滋賀県教育委員会、近江八幡市、近江八幡市教育委員会 協力 一般社団法人近江八幡観光物産協会、社会福祉法人しみんふくし滋賀、マエダクリーニング仲屋店 助成 障害者芸術文化活動支援センター運営費補助金(滋賀県)

会場

ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(滋賀県近江八幡市永原町上16)


開館時間

会場

ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(滋賀県近江八幡市永原町上16)



休館日

月曜日(1月9日は開館、翌10日休館) 展示入れ替え:12月26日(月)~1月6日(金)


観覧料

一般200円(150円) 高大生150円(100円)中学生以下無料
※障害のある方と付添者1名無料 ( )内は20名以上の団体料金


イベント情報

ギャラリートーク
前期:2022年11月26日(土)13:30~15:00 後期:2022年1月7日(土)13:30~15:00 作者やその展示を考えた支援者にお越しいただき、作品を前にして制作の背景や思いについて語っていただく、ギャラリートークを行います。この機会にぜひお越しください。

このトピックスの関連組織

TOPへ戻る