大西暢夫の写真と言葉で綴るGLOW

コラム著者プロフィール

大西暢夫氏

大西 暢夫 おおにし のぶお

1968年岐阜県揖斐郡池田町育ち。
東京綜合写真専門学校卒業後、写真家/映画監督の本橋成一氏に師事。
1998年にフリーカメラマンに。
2001年から精神病院に長期入院する人々の姿を専門誌のグラビアを通し撮影を始める。
そのことがきっかけとなり、日本国内におけるアール・ブリュットの作品とその作者の取材を多数手がけるようになる。
2010年11月より故郷の岐阜県揖斐郡池田町に拠点を移し、現在は 東日本大震災の取材を続けながら支援を行っている。

主な著書

  • 『おばあちゃんは木になった』(ポプラ社 第8回日本絵本賞)
  • 『アウトサイダーアートの作家たち』(角川学芸出版)
  • 『ぶた にく』(幻冬舎エデュケーション第58回小学館児童出版
     文化賞第59回産経児童出版文化賞 大賞)
  • 『アウトサイダーアートの作家たち』(角川学芸出版)
  • 『津波の夜に~3.11の記憶~』(小学館)他

映画監督作品

  • 『水になった村』2007年制作
    (配給:ポレポレタイムス社 第16回地球環境映像祭最優秀賞)
  • ひとりひとりの個性が引き立つ場所〜新空間・・・

     養護老人ホームの印象が、僕の中でガラリと変わった。  木漏れ日が施設内に燦々と差し込み、どこをと

  • 福祉の領域ってどこまでなの?〜大西暢夫の・・・

     救護施設という存在をご存知だろうか。   きっと関わりを持っている人以外、世間ではほとんど知られ

  • 見えない連携と、ご近所が暮らしを支える。・・・

     町から少し離れた田園地帯に、能登川作業所がある。敷地が広く、落ち着きと、ゆったりとした余裕を感じる

  • 昨年、障がい者だって気がついた!障がいの・・・

     ますますわからない、複雑かつ繊細な福祉施設に迷い込んだ感じがした。  蜘蛛の巣のような福祉の網の

  • こなす能力と、その見極め〜大西暢夫の写真・・・

     作業所って、自分を含めた一般の人たちが、中に入る機会は、ほとんどないと思う。   その存在は、関

  • 子どもらしさの中の自立する決心〜大西暢夫・・・

    運動場に整列した信楽学園の子供たちが、大きな声で挨拶をしてくれた。僕も彼らと逢うのは初めてだ。 こ

  • 今日も歌が唄えるって幸せなことや!〜大西・・・

    「オープンスペースれがーと」という大きな木造の建物の中では、いくつかの福祉事業が展開している。ちょっ

  • NBB Neoバンバンは、地域との接着剤・・・

    働くことの楽しさ、お給料をもらうときの興奮や喜び。和気あいあいとした職場。 僕はこんな当たり前にあ

  • 今日を忘れても、また明日〜大西暢夫の写真・・・

    ログハウスのハイカラな建物に、送迎車に乗ってきたお年寄りたちが入って行く。 モダンな田舎の喫茶店の

  • 老人ホームという舞台〜大西暢夫の写真と言・・・

    「おはようさん!」 「おはよ!」 朝の挨拶がにぎやかに飛び交う。 送迎車に乗ってきたお年寄りたち

  • 1 / 212

TOPへ戻る