トピックス

9月22日から始まる企画展「以”身”伝心 からだから、はじめてみる」のサポーターを募集します。

更新日:2018年08月16日

「ボーダレス・エリア近江八幡」 をみんなで作るプロジェクト展覧会

「以“身”伝心 からだから、はじめてみる」のサポーター募集中  9月3日締め切り

この秋、NO-MAが開催する展覧会「以“身”伝心 からだから、はじめてみる」を支える立場から楽しむ3通りのサポーターを募集します。本展は、NO-MAと奥村家住宅を舞台に、絵画や彫刻、写真、インスタレーション、パフォーマンスなどといった美術の領域から、オーダーメイドの車いす制作といった福祉の領域まで、それぞれの方法で「身体」に向き合う作家を紹介する展覧会です。 この展覧会は<「ボーダレス・エリア近江八幡(※)」をみんなで創るプロジェクト>と題して、地域の方や学生さんなど様々な人たちと一緒につくりたいと考えています。


参加の仕方は3通り! 一緒に展覧会をつくりあげてくれるサポーターを募集します。
全部のサポーターに申し込むのも可!

◇伝える ボーダレス・エリア記者クラブ
展覧会、地域内を取材して、記事を書き、あなたの言葉で魅力を伝えます。
◇つくる キュレーションサポーター  ※定員に達したため募集を締め切ります。
展覧会をつくるプロセスに関わり、生み出す楽しさを学びます。
◇つなぐ ボランティアスタッフ
展覧会場でお客様を迎え、来場者と作品、来場者と近江八幡エリア等、たくさんの出会いをつなげます。
各サポーターの詳細はNO-MAのホームページよりご覧ください。

※「“ボーダレス・エリア近江八幡”をみんなで創るプロジェクト」について
「観(み)る」「創(つく)る」「繋(つな)ぐ」の3つのキーワードをコンセプトに、アートを鑑賞することや創作することの楽しさを地域住民の方々などと共有することを通して、誰もが芸術文化に触れることができる環境をつくり、地域全体をつなげていくプロジェクトです。

【会 場】
【第1会場】ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
(滋賀県近江八幡市永原町上16[旧野間邸]) 
【第2会場】奥村家住宅
(滋賀県近江八幡市永原町上8)
【会 期】
2018年(平成30年)9月22日(土)~11月25日(日)
【開催時間】
11:00~17:00
【休 催 日】
月曜日(祝祭日の場合は翌日休館)
【申し込み】
申込用紙はこちらから
申込用紙に必要事項をご記入のうえ、FAX、メールまたは郵送で送付ください。
【お問い合わせ/送付先】
アール・ブリュット魅力発信事業実行委員会事務局
(社会福祉法人グロー(GLOW)~生きることが光になる~ 法人本部企画事業部)
521-1311 滋賀県近江八幡市安土町下豊浦4837-2
電話:0748-46-8100 FAX:0748-46-8228(平日10:00~17:00)
メール:kikaku@glow.or.jp

このトピックスの関連プロジェクト

TOPへ戻る