トピックス

障害者芸術活動支援スキルアップセミナー
PROGRAM.4「学芸員による作品展示の実地研修」を開催しました

更新日:2016年09月9日

アイサで8月31日(水)から9月2日(金)の3日間で「学芸員による作品展示の実地研修」を行いました。

今回の研修には、3日間合わせて11名にご参加いただきました。


作品展示研修の1回目となる今回の研修は、9月3日からボーダレス・アートミュージアムNO-MAで開催されている「楽園の夢」に出展されているアーティスト、デイヴィッド・デュバル=スミスさんと本展担当学芸員のもと行われました。


始めに、NO-MAでの作品展示について、展覧会制作のプロセスや展示方法について学芸員から説明があり、企画展「楽園の夢」の作品展示体験のレクチャーを受け、いよいよ実践です。


  • 今回は、滞在制作をしているデイヴィッドさんの製作に関わらせてもらい、紙切り、竹で作るモビール、石にアルミホイルで水玉模様を貼りつけるなどの作業をしました。



    • 出来上がった作品はデイヴィッドさんの手によって展示されましたが、どうなるのかわからなかった作品も展示の仕方で違う見え方をすることに感動しました。



      • 研修最終日は、学芸員より「楽園の夢」についての展示レクチャーを受け、展示される作品や作者について話を聞きました。



        • 展覧会の舞台裏を体験していただき、一緒に作品を作り、制作の合間には参加者それぞれの話を聞くこともできて、通常の展示研修とは違うちょっとおもしろい研修になったように思います。


          研修に参加された方のお声です

          ・作品の制作から設置、展示レクチャーと一連の流れを経験することができ、全体像が把握できたのがよかった。

          ・デイヴィッドさんと和気あいあいと作業ができ、貴重な経験が出来ました。自分が作品に関わったことで展覧会が身近なものになりました。

          ・雰囲気、場の空気感を楽しめて良かった。デイヴィッド氏の人柄や感性が素敵で感動した。芸術家の生のひらめきを見せてもらった。来るときは何をするのだろうと不安だったが、来て楽しかったです。


          研修が終わった段階では展覧会は完成していませんでした。

          皆さん展覧会を見に来ることを楽しみにされて研修を終えることとなりました。



          • 2回目の展示研修は11月30日から12月2日に開催いたします。

            参加ご希望の方はこちらまでお申込みください。



            【お申込み・お問合せ】

            アール・ブリュット インフォメーション&サポートセンター(アイサ)

            http://info.art-brut.jp/

            〒521-1311 滋賀県近江八幡市安土町下豊浦4837番地2

            社会福祉法人グロー企画事業部内 担当:木元

            Tel:0748-46-8118 / fax.:0748-46-8228 / E-mail:artbrut_info@glow.or.jp

            ※FAX、メールでお申込いただく際は、氏名、所属施設名、役職、電話番号、メールアドレスをご記入いただきますようお願いいたします。


             詳細につきましてはこちらをご覧ください→http://www.no-ma.jp/?p=13841

TOPへ戻る