トピックス

福祉事業所、特別支援学校、病院の関係者によるシンポジウム「障害のある人の創作支援について」開催のお知らせ

更新日:2017年02月3日

大勢の方に足をお運びいただき大盛況の内に終了することができました。ご参加下さった皆様、本当にありがとうございました。

アメニティーフォーラムの季節がやってきました。

 来週2月10日(金)にびわ湖大津プリンスホテルにて、福祉事業所、特別支援学校、病院の関係者によるシンポジウム「障害のある人の創作支援について」を開催いたします。

 アール・ブリュット インフォメーション&サポートセンター(略称アイサ)では、これまでに県内の福祉事業所、特別支援学校、病院の作業療法、地域の造形教室の現場を訪問して、活動状況を調査してきました。

 その数は全部で77か所になります。

 それぞれの分野によって、生産活動や余暇活動の支援、教育指導、治療という目的は異なります。ですが、障害のある人の創作現場に携わっているという共通点で、分野を横断して意見交換してみると何か気づくことがあるのではないかと思い、本シンポジウムを企画しました。

 県内の調査にまわらせてもらった中から6か所の団体から、それぞれの取り組みを紹介していただき、意見交換を行います。

 金曜日ということでなかなかお時間が合わないかもしれませんが、ぜひご参加いただきたいです。



【開催概要】

福祉事業所、特別支援学校、病院の関係者によるシンポジウム
「障害のある人の創作支援について」

日 時:2017年2月10日(金)10:00~11:30

会 場:大津プリンスホテル コンベンションホール淡海10(大津市におの浜4-7-7)

定 員:150名

参加費:無料

講 師:石黒 望([一社]滋賀県作業療法士会事務局長)
    加藤郁子(滋賀県立精神医療センター作業療法士)
    貴瀬 朗([社福]虹の会ハーモニー施設長)
    佐々木信一(滋賀県立近江学園支援員)
    寺田伸一(滋賀県立野洲養護学校主幹教諭)
    藤野裕美子(滋賀県立三雲養護学校講師)

聞き手:木元聖奈(アイサアドバイザー)



同時開催「シガカラー3」展

会  期:2017年2月10日(金)~2月12日(日)

開場時間:9:00~21:00、 12日(日)9:00~14:00

会  場:大津プリンスホテル コンベンションホール淡海8(大津市におの浜4-7-7)

入 場 料:無料

出 展 者:植松 遼、大井 康弘、古久保 憲満、里田 如、田辺 慶大、森田 郷士、吉田 修三

このトピックスの関連プロジェクト

TOPへ戻る