トピックス

作者の権利保護研修会の参加受付中!

更新日:2016年07月22日

アイサでは、「障害者の芸術活動支援スキルアップセミナー」を開催しています。

その一環で行う権利保護研修は、全国の中でも先駆的な取り組みとして注目されています。

造形活動を行う福祉施設において、「作品取扱規程」を施設と利用者の間で取り交わすことで安心して活動を行い、作品を発信することに繋がります。

そのために、著作権保護の基礎から作品取扱規程作成の実践までを段階的に学んでいただける研修会を企画しました。

どちらの研修も大きく3つの構成で実施します。
 ①滋賀県が策定した「著作権等保護ガイドライン」について県の担当者からのレクチャー
 ②弁護士による基礎講義
 ③実際にガイドラインを活用している施設の実践報告



  • 内容が難しいのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

    ですが、講演内容は丁寧な説明でされますし、事前に事務局から取り組み状況のヒアリングをさせていただきフォローを充実させていきますので、安心してご参加ください。

    意見交換の場もありますので、他施設で同じように取り組む職員さんと、この機会に一緒に考えてみませんか。

    皆様のご参加をお待ちしております。


    ①「作者の権利保護に関する研修会in米原」
    日時
    2016年8月10日(水)13:30~17:00
    場 所
    滋賀県立文化産業交流会館 第2会議室
    (米原市下多良2丁目137)JR米原駅西口より徒歩約7分

    ②「作者の権利保護に関する研修会in草津」
    日時
    2016年8月31日(水)13:30~17:00
    場 所
    草津市立市民交流プラザ 小会議室3
    (草津市野路1丁目15番15号 フェリエ南草津5階)JR南草津駅東口より徒歩約2分

    研修内容【プログラム(①、②とも)】

    〈基礎編〉

    講 義
    「〈著作権等保護ガイドライン〉について」
    講師:上野久美子氏(滋賀県健康医療福祉部障害福祉課主任主事)

    講 義
    「著作権や所有権の基礎を学ぶ」
    講師:平塚 崇氏(法テラス滋賀法律事務所弁護士)

    〈応用編〉

    実践報告
    「利用者と作品のために、こうして規程をつくりました」
    講師:中里幸奈氏([社福]かすみ会かいぜ寮 支援員)※米原編
    講師:中澤玲子氏([社福]グロー能登川作業所 生活支援員)※草津編
    意見交換
    「現場で感じることの語り場~他の施設はどのように取り組んでいるの?~」

    〈実践編〉

    グループワーク
    「作品取扱規程をつくってみよう!」
    講師:平塚 崇氏、上野久美子氏

    ◆チラシのPDFはこちらからダウンロードいただけます。

    “http://www.no-ma.jp/wp-content/uploads/2016/06/model2016PDF.pdf


    ≪お申込み・お問合せ≫

    アール・ブリュット インフォメーション&サポートセンター(略称:アイサ)   
     〒521-1311 滋賀県近江八幡市安土町下豊浦4837番地2   
     社会福祉法人グロー企画事業部内   
     Tel:0748-46-8118 / Fax:0748-46-8228 / E-mail:artbrut_info@glow.or.jp   
     担当:木元

    ※FAX、メールでお申込みいただく際は、氏名、所属施設名、職名、電話番号、メールアドレスをご記入いただきますようお願いいたします。

TOPへ戻る