トピックス

<ご案内>以”身”伝心 からだから、はじめてみる※終了しました

更新日:2018年09月18日
  • クリックでチラシ全体が見れます
本展に出展する8組の作者は、絵画や彫刻、インスタレーション、パフォーマンスの美術の領域から、オーダーメイドの車いす製作といった福祉の領域まで、それぞれの方法で身体に向き合っています。彼らの表現や製作は、身体を巡る様々なテーマ――身体に滲む自己のルーツ、身体で感得する非言語的な感情、身体を駆使した更なる表現の可能性――について考えるきっかけを与えてくれます。
一方で、現代は科学技術のめざましい進展によって、あらゆることがオートメーション化されたり、デジタル上で処理されることにより、日常の暮らしから物理的な身体性は減少しているといえます。そのような時代を迎えた今、ひたむきに身体やその感覚と向き合うことで生まれる作者の表現は、私たちに原初的な体験をもたらすのではないでしょうか。
なお、本展では、実際に手で触れたり、耳で聞くことで、身をもって味わうことのできる体感型作品も展示します。
【会 場】
【第1会場】ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(滋賀県近江八幡市永原町上16[旧野間邸])
第2会場】奥村家住宅(滋賀県近江八幡市永原町上8)
【開催期間】
平成30年9月22日(土)~11月25日(日)
【開館時間】
11:00~17:00
【休館日】
月曜日(祝日の場合は翌日)
【観覧料】
一般300円(250円)、高大生250円(200円) ※中学生以下無料 ※障害のある方と付添者1名無料 
※( )内は20名以上の団体料金
★次の日程は無料で開館します★
・「八幡堀まつり」10月13日(土)、14日(日)18:00?21:00
・「関西文化の日」11月17日(土)、18日(日)
【出展者】
【第1会場】ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
草彅陵太、徳山 彰、菊池和晃+にしなつみ、H、森田 寅
【第2会場】奥村家住宅
伊藤賢士、鎌田紀子、米田 文
【主 催】
アール・ブリュット魅力発信事業実行委員会
構成団体:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(社会福祉法人グロー[GLOW])、滋賀県、滋賀県立近代美術館、近江八幡市、一般社団法人近江八幡観光物産協会、社会福祉法人愛成会、NPO法人はれたりくもったり、滋賀県施設・学校合同企画展実行委員会
【後 援】
滋賀県教育委員会、近江八幡市教育委員会
【協 力】
社会福祉法人青い鳥会 彦根学園、株式会社まっせ、医療法人明心会 柴田病院、株式会社 夢工房、社会福祉法人しみんふくし滋賀
【助 成】
平成30年度 文化庁 地域と共働した美術館・歴史博物館創造活動支援事業
「“ボーダレス・エリア近江八幡”をみんなで作るプロジェクト」について

このプロジェクトでは、「観る」「創る」「繋ぐ」の3つのキーワードからなる誰もが体験参加できるプログラムを実施します。アート鑑賞や創作の楽しさを地域の方々などと共有することを通じて、誰もが芸術文化に触れることができる環境をつくり、地域全体へとつなげていくプロジェクトです。

関連イベント


【展覧会詳細について】
こちらのページをご覧ください
http://www.no-ma.jp/?p=17286
【お申し込み・お問い合わせ先】
ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
TEL:0748-36-5018 (11:00~18:00)
FAX:0748-36-5018

このトピックスの関連プロジェクト

TOPへ戻る