トピックス

アメニティフォーラム21 スペシャルコンサートのご案内

更新日:2017年02月1日

大勢の方に足をお運びいただき大盛況の内に終了することができました。ご参加下さった皆様、本当にありがとうございました。

アメニティーフォーラムの季節がやってきました。


(※2月10日のコンサートについてチラシでのご案内から開始時間に変更がありました)


① 小室等ナイトコンサート

2017年2月10日(金) open 20:45/ start 21:00open 21:15/start21:30
びわ湖大津プリンスホテル コンベンションホール淡海 定員:200名
前売券 3,000 円 / 当日券 3,500 円 全席自由
※定員に達し次第前売券の予約は終了します。その際、当日券の販売はありません。ご了承ください。
[出演]
小室等(ボーカル/ギター)/こむろゆい(ボーカル/ウクレレ)/吉田隆一(サクソフォン)/竹田裕美子(アコーディオン/キーボード)


② 白井貴子「北山修/きたやまおさむ」を歌う~コブのない駱駝~+きたやまおさむ(お話)

2017年2月11日(土) open 18:50 / start 19:15
びわ湖大津プリンスホテル コンベンションホール淡海 定員:200名
前売券 3,000 円 / 当日券 3,500 円 全席自由
※定員に達し次第前売券の予約は終了します。その際、当日券の販売はありません。ご了承ください。
[出演]
白井貴子(ボーカル)/本田清巳(ギター)/竹田元(キーボード)

※ ① ② 2日間通し券:5,000円 前売り予約のみ



ご予約の方法について

◆ 前売券予約

電話、FAX、メールのいずれかでコンサート受付係までお申し込みください。
FAX、メールでお申し込みの場合、以下ををご記載ください。

・お名前(フルネーム)
・住所
・電話番号
・メールアドレス or FAX番号
・チケットの枚数


◆ お問い合わせ先

社会福祉法人グロー(GLOW)~生きることが光になる~
法人本部企画事業部 コンサート受付係
TEL:0748-46-8100( 受付時間|平日9時~17時 ※12/29~1/3は年末年始休)
FAX:0748-46-8228
mal:kikaku@glow.or.jp

 

◆ 前売券の予約受付期間

2017年2月3日(金)まで
定員に達し次第、前売券の予約受付を終了します。
ご予約で定員に達した場合は、当日券を販売いたしませんのでご注意ください。あらかじめお問い合わせいただくか、こちらのWebサイトにてご確認ください。


◆ ご予約いただいた前売券のお渡しについて

ご予約いただいた前売券は、コンサート当日にチケット料金と引き換えにお渡しします。料金は現金でご精算ください。
引換時間:2017年2月10日(金)20:00~、2017年2月11日(土)15:00~
引換場所:大津プリンスホテル コンベンションホール淡海1階(アメニティーフォーラム実行委員会事務局)



出演者情報

★小室等 プロフィール http://office-khys.com/(オフィス・キーズ)

 1968年グループ「六文銭」を結成。1971年第2回世界歌謡祭にて「出発の歌」(上條恒彦+六文銭)でグランプリを獲得。1975年泉谷しげる、井上陽水、吉田拓郎と「フォーライフレコード」を設立。
 現在は自身のライブ・コンサートを中心に、娘である こむろゆいとの「Lagniappe」や、「六文銭’09」など、ユニットでの活動の他、様々なジャンルのミュージシャンとのコラボレーションやイベントプロデュースも多数。
 2011年7月11日には、「音楽活動50周年ライブ~復興~」を全労済ホール スペース・ゼロにて行う。(ライブを収録したアルバム、FLMEより発売)。また、テレビドラマ、映画、舞台などの音楽制作、ドキュメンタリー作品のナレーションなど、その活動は多岐にわたる。
 最新の音楽担当作品は、ドキュメンタリー映画「沖縄 うりずんの雨」(ジャン・ユンカーマン監督/2015年)、「戦場ぬ止み」(三上智恵監督/2015年)。
 1980年代後半、信楽青年寮で作られた土鈴に魅了され滋賀に来訪するようになる。その後、「しがらきから吹いてくる風」の音楽担当やDVD「日本のアウトサイダーアート」のナレーションを務めるほか、糸賀一雄記念賞音楽祭の総合プロデュース、この「アメニティー・フォーラム」で演奏を行うなど、長年にわたり滋賀での活動を継続している。


★白井貴子 プロフィール

 神奈川県出身・京都女子高校卒・フェリス女学院音楽家教育学部ピアノ科卒業。
 1981年デビュー。MBS「ヤングタウン」のレギュラー担当。「CHANCE」のヒットで渋谷ライブイン10DAYS・西武球場ライブなどを成功させ「ロックの女王」の称号を得る。
 96年から3年間、NHK総合「ひるどき日本列島」で活躍。その時の番組テーマ曲「元気にな~れ」は現在、全国高校女子硬式野球の歌として女子球児達を応援している。
 2010年「森へ行こう!」全国植樹祭テーマソングや、2014年文科省ESD(持続性発展教育)の歌、「僕らは大きな世界の一粒の命」など子供達への歌を多数発表。
 きたやまおさむ氏より、「次世代にきたやま作品を歌い継ぐ歌手」に抜擢され、今年、共作の新作3曲も含む、全14曲のアルバム「涙河」発売。


★きたやまおさむ プロフィール

 1946年淡路島生まれ。1972年,京都府立医科大学卒業。ロンドン大学精神医学研究所にて2年研修後、北山医院(現南青山心理相談室)院長を経て、 2010年春まで九州大学大学院人間環境学研究院・医学研究院教授。
 現在は、九州大学名誉教授、白鴎大学副学長兼特任教授、国際基督教大学客員教授。そして今も臨床活動が主な仕事。
 マスメディアでは、「帰って来たヨッパライ」でデビュー、作詞家としての代表作は「戦争を知らない子供たち」、「あの素しい愛をもう一度」 など。
 主な著書に、『みんなの精神科』(講談社1997)、『北山修/きたやまおさむ 百歌撰』(ヤマハミュージックメディア2008)、『ビートルズを知らない子どもたちへ』(アルテスパブリッシング2009)、『帰れないヨッパラィたちへ』(NHK出版)。専門書としては編著『共視論』(講談社2005)、『劇的な精神分析入門』(みすず書房2007)、『日本人の〈原罪〉』(講談社2009)、『最後の授業』(みすず書房2010)、『覆いをとること・つくること』(岩崎学術出版社)、『評価の分かれるところに』(誠信書房)など多数。

このトピックスの関連プロジェクト

TOPへ戻る