トピックス

「シガカラー2018」展の展示作業に関わって

更新日:2018年01月23日

今年度で4回目の開催となる企画展「シガカラー2018」が、NO-MAの斜め向かいにある町屋「奥村家住宅」にて、20日から開催され、早 速多くのご来場をいただいているところです。県内在住5名の作者による157点の作品が展示されているほか、会場内の受付や展示説明は、ご応募いただいたボランティアスタッフの 皆様が行っており、魅力溢れる作品世界を味わうことができます。



私は現在、岩手県の社会福祉法人から3ヶ月間、派遣研修という形で障害者芸術活動の各種事業に携わっています。これまで、日中活動事業所の支援員として、作品創作に寄り添う場 面は少なくなかったのですが、当時は「筆や紙を手に取るところがスタート、作品の完成がゴール」と狭く捉え、その前後における十分な環境設定や、完成した作品を発信していく姿勢 に乏しかったように思います。

今回の企画展で、作品の集荷や搬入に携わり、作者が似たような作品を次々に創作する場合、1点を展示するだけでは作者の個性や熱意が充分に伝わらない、ということに気付く機会 を得ました。また、「どうすれば作品の迫力がさらに増すか」、「どうすれば作者の遊び心が出せるか」といった、評価委員の方々による、作品調査や作者背景を最大限に反映した展示手法は、大変勉強になりました。

この学びを「単なる経験」に留めず、障害者の芸術活動を普及していくための、業務の企画や支援の実践に活かしていきたいと思います。

(神/岩手県社会福祉事業団)


「シガカラー2018」
                        
会 期
2018年1月20日(土) ~ 2月18日(日)
開 館 時 間
11:00~17:00
会 場
奥村家住宅(滋賀県近江八幡市永原町上8)
休 館 日
月曜日休催(祝・祭日の場合は翌日休催)
入 場 料
無料

TOPへ戻る